精華学園高等学校5つの基本

1.出席するのは、スクーリングとテストだけ

本校では、高校1年次で25単位修得することを目標としています。
そのために必要なスクーリングは、1年間で約60時間です。
60時間というと多いなと思う人もいるかもしれませんが、1日5時間の授業を受けるとするとたった12日で終わってしまうのです。
全日制高等学校に毎日通っているのと比べるとずいぶんゆとりがあります。
テストは、前期・後期の年2回行われます。
テストのために登校する日を入れても年間16日程度の出席で卒業できることになるのです。(NHK高校講座番組や補助教材(CD)学習により、スクーリングがある程度免除になり登校日数を大幅に少なくすることもできます。)

2.一人一人に合ったレポートを用意

本校では、生徒の学力に合わせたレポートを数多く用意しています。
勉強が苦手な人は恥ずかしがらずに遠慮なく「わからない」と言ってください。
一人ひとりと相談しながらレポートを選びます。

3.欠席日数は関係ありません。

全日制高等学校では、出席日数が規定の日数に足りないと単位の修得ができず、進級もしくは卒業ができません。でも、通信制高等学校ではレポート、スクーリング、テストの3つの条件をクリアすれば単位が修得できます。
したがって欠席日数を心配することはないのです。
ただし、スクーリングなど学校で定めた日数は出席しなければなりません。
大切なのは出席日数です。
また、本校は単位制なので落第はありません。
「体調が悪い」「忙しい」などの理由がある場合は、その年を少ない単位数(最低8単位)の履修ですませることもできます。
そのぶん、「次の年にたくさん単位を取ろう!」でいいのです。
あくまで主役はあなたです。自分のペースで無理なく続けることが大切です。

4.個別対応なので安心

本校は個別対応なので一人ひとりに合った内容で指導します。
「集団に入れない」
「ひとりで勉強したい」
「もっとやさしい内容で・・・」
「受験勉強したい」
このような生徒の要望に全力で応えていきます。
安心してください。
教科でわからないことでも学校生活の不安でも、何でも相談してください。

5.卒業要件は?

卒業するための条件は、
<修業年限3年以上・修得単位74単位以上>
これだけを満たしていればOKです。
転・編入生の場合、以前の高校に在籍していた期間が加算されますから、1年間在籍していた場合は、本校であと2年学習すれば卒業ができます。
以前の学校で修得した単位があれば、その単位も加算されます。
なお、特別活動は年間10時間必要です。(3年間で30時間以上)

精華学園で学ぶための3つのポイント

学校が苦手・・・
自分のペースで生活したい・・・
働いているから学校に行く暇が・・・
あれもしたいし、これもしたい・・・
でも、将来のことも考えると高校は卒業したい・・・
精華学園高等学校は、自分流のスタイルで通学・卒業出来ます。
生徒一人ひとりのための学習カリキュラムを考え、無理なく学習できるよう指導していきます。
本校は、「登校促進型」「大学進学型」「自分発見型」「才能開発型」「個別指導型」など、様々なタイプの授業形式を用意しています。生徒の皆さんの学ぶ意欲に応え、一人ひとりの現状や個性に合わせて学習面、生活面、メンタル面のサポートを行います。

1.自由な校風

本校は何より生徒一人ひとりの個性や自己表現を大切にし、
自立心や積極性、責任感を育みます。
全日制高校と違い校則もありません。
ただし、一般社会でダメなものはダメです。
法律違反、他人に迷惑をかけるようなことはしない。これだけは守ってください。

2.1日の予定は、自分次第

本校では、1日の時間割を定めていません。
登校する日や時間は自分で決めることが出来ます。
面接指導(スクーリング)は、集中してまとめて受けることもできますし、1週間に1回でも構いません。
自分の都合やペースに合わせ、無理せず出席する日を決めてください。
ただし、スクーリングやテストなど決められた日は必ず登校すること。これだけは守ってください。

3.好きなことに挑戦!

自分に合った学習スタイルを選べるので、
1日の大半を学校の授業に取られることはありません。
好きなこと、やりたいことに時間を費やすことができます。
資格取得、スポーツ、芸術など、それぞれの夢にどんどん挑戦してください。